スペイン語の絵本(ラテンアメリカやスペインの絵本)と日本語の絵本についてと、日常のあれこれをつづります。
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
世界のバリアフリー絵本展
 バリアフリー絵本


国際子ども図書館で開催中のバリアフリー絵本展へ行ってまいりました。


今年、一 番光ってたのは、日本の作品のフワリちゃんの本でした。

フワリちゃん

ご本人のメッセージがステキでした。

もう最近は年のせいもありますが、じーんとして涙がでちゃいました。

 

布絵本もよかったです。

北海道の旭川動物園の動物たちが出てくる布えほん『たのしいどうぶつえん』の作品。きりんの首がながーくなったり、ぺんぎんがたくさんでてきたり、アザラシが現れたり…。


福音館書店さんの『どんどこどん』も力強くて、生きる力が湧いてくる感じ


今年はラテンの絵本には出会ずでしたが、次回を楽しみにしたいと思います。


ご興味のある方は、ぜひ〜!!


世界のバリアフリー絵本展2013−国際児童図書評議会2013年推薦図書展

2014729日(火)〜824日(日)

午前930分〜午後5

国際子ども図書館3階 ホール

入場無料

| 23:00 | 日々のあれこれ | comments(2) | trackbacks(0) |
うわ〜〜ッ!!
行きた〜〜〜い!!!

特に布絵本は読んでみたいなぁ…
触ることもO.K.なのかしら?

絵本を通して伝わってくるメッセージには、本当に涙が出るほど感動しますよね!
絵本の持つすばらしい力ですね…

夏(休み)は、絵本展がいっぱいあるようで、うれしいです!
行きたいところがいっぱいあります♪
| ふーみん | 2014/08/01 18:19 |
布えほん、さわれますよ〜。1針1針愛情がこもった丁寧なつくりでした。

バリアフリー絵本もさまざま、フランスの絵本はおしゃれでしたよ。

いろいろな気づきのある貴重な展示会です)^o^(
| そらまる | 2014/08/03 22:23 |









 
この記事のトラックバックURL

http://colorin15.jugem.jp/trackback/99