スペイン語の絵本(ラテンアメリカやスペインの絵本)と日本語の絵本についてと、日常のあれこれをつづります。
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
『ペルー日系詩人ホセ・ワタナベ詩集』の訳詩集を出版しました。

ホセ・ワタナベ詩集

 

タイトル:ペルー日系詩人ホセ・ワタナベ詩集

出版社:土曜美術出版販売株式会社

出版年:2016

著者:ホセ・ワタナベ

共編訳:細野豊、星野由美

 

この度『ペルー日系詩人ホセ・ワタナベ詩集(土曜美術社出版販売株式会社 刊、細野豊、星野由美 共編訳)』を出版しました。この詩選集を日本語で出版しようという試みから実現に至るまで15年余りもの年月がかかりました。ここで、こうして出版のお知らせができることを心から嬉しく思っています。ワタナベファミリーの方々、本当にありがとうございました。

 

詩集をご購入希望の方がいらっしゃいましたらこちらまでお願いいたします。どうぞよろしくお願いいたします。


Me es grato presentar la antología poética traducida al japonés de José Watanabe, gran poeta peruano de ascendencia nipona. Hace ya unos quince años que se inició el proyecto de publicación de Watanabe. Así me alegra mucho que se presente finalmente la publicación de la traducción de Watanabe en mi pais. Quisiera agradecer a la familia de Watanabe, Sra. Teresa, Tilsa Watanabe, Issa Watanabe, Maya Watanabe y Micaela Chirif por su afectuosa colaboración para materializar este proyecto. Muchas gracias!!

 

ホセ・ワタナベ

 

作者について

 

ホセ・ワタナベ(José Watanabe

一九四五年三月十七日、ペルー北部のラ・リベルタ州ラレドで、日本(岡山県)からの移住者の父である渡辺春水(わたなべはるみ)と、ぺルー人の母パウラ・バラス・ソトとの間に生まれる。一九七〇年二十四歳の時に、詩誌『クアデルノス』主催の若手詩人コンクールで最優秀賞を受賞し国内で詩人としての評価を得て、初めての詩集『家族のアルバム(一九七一)』を出版した。その後、『博物誌(一九九四) 』、『身体の事々(一九九九) 』の詩集を刊行し二〇〇〇年、詩選集『氷の番人』で、キューバの「カサ・デ・ラス・アメリカス賞」を受賞し国際的に高い評価を受けた。その後も『われらのうちに住み給へり (二〇〇二) 』、『羽根のはえた石(二〇〇五)』、『霧の向こうの旗(二〇〇六) 』の三詩集を刊行した。また、詩人としての活動に留まらず、バルガス・リョサの小説「都会と犬ども」の映画の脚本や、芝居の翻案など様々な戯曲も執筆した。亡くなる前の数年間は子ども向けの絵本の執筆に力を注ぎ、八冊の絵本(没後三冊を含めると計十一冊)を出版した。二〇〇七年四月二十五日逝去。

 

 

 

| 00:17 | スペイン語の本 Libros españoles | comments(0) | trackbacks(0) |









 
この記事のトラックバックURL

http://colorin15.jugem.jp/trackback/145