スペイン語の絵本(ラテンアメリカやスペインの絵本)と日本語の絵本についてと、日常のあれこれをつづります。
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
ファンはだあれ? −チリの絵本ー
 ファンはだあれ?

■ 原書の情報

タイトル:ファンは だあれ? (¿Quién es Juan?) 

文: マリア・ホセ・フェラーダMARÍA JOSÉ FERRADA   

:クリストファー・アイトナー(Christopher Eitner

出版社:Editorial Planeta Chilena

発行年2015

 


チリの詩人で作家のマリアさんより、素敵な絵本を送っていただきました。愛情がたっぷり込められた絵本。彼女は叔父のファンさんに感謝をこめて、この絵本を書いたのだそうです。


■ あらすじ

マリアは ファンを しったとき、おもいました。きれながの目には、どんなふうに

世界が みえるのかな?ファンの くもは、ほそながい かたちをしているのかな?

木は どうかな?ファンのみる 月は、どんなかたちかな?

………

ファンはダウン症です。体の細胞の21番染色体の数が、 たいていの人は2本ですが、3本持つことによりおこります。そのため、おなじ年の子どもたちより、ゆっくり成長します。学んでいくのも、すこしゆっくりです。けれど、あなたやわたしと 同じように、おどったり、絵をかいたり、友だちといっしょにあそんだり、いろんなことを 楽しんでいます。


ファンのような子どもたちは、わたしたちに教えてくれているのです。この広い世界で、くらし方、考え方、よろこび方は さまざまなのだということを。

 

   作家について

マリア・ホセ・フェラーダ

ジャーナリスト、作家。アジア太平洋学専攻修士。彼女の著作はチリだけでなく海外の出版社からも多く出版されている。オリウエラ市子どものための詩賞、チリ文学アカデミーによるアカデミー賞等、数多くの受賞歴を持つ。マリア・ホセには、この本の主人公のようにダウン症の叔父がいて、名前をファンという。彼に会いに訪れるたびに(南の町に住んでいる)、お茶を飲んだり、おやつのパンを食べたりして一緒に過ごしている。それはいつも午後の5時と決まっていて、それより前でも後でもない。

 

   画家について

クリストファー・アイトナー

1990年生まれ。2006年から、二エベス・マコーリフが企画している絵のワークショップ “コンプリメンタ” に参加している。これまで、MACFaxxiCCUサロン、Ralli美術館等のアートギャラリーで、絵画や版画を出展している。最近では、アクリルやシルクスクリーンを使った作品も手掛けている。午前中は家具店で働き、午後は絵を描いたり、音楽 ―キャット・スティーヴンスがお気に入り― を聞いたり、ピアノを弾いたり、踊ったり、家族といっしょに過ごしたりしている。この本の主人公のように、クリスもダウン症である。姉のキャサリンによると「彼は独自の視点で世界を見ている」のだと言う。

 

    おはなしのいちぶ

とりたちは、ファンが

うたっているのをきいて、おもいました。

ぼくたちの ことばが わかるのかな?

しばらくすると、とりのうたと、ファンのうたが ひとつになりました。

それは、ささやかな うたの がっしょう。

 

・・・・・・・

 

アナは ファンをしったとき、かんじました。

わたしの しんぞうの おと、まるで おどっているみたい。

そして、おもいました。ファンの しんぞうも

おどっているのかな?

 

いつのまにか、きこうとしていたことは わすれてしまいました。

けれど、ふたりは なんども おなじうたで おどりました。

 

・・・・・・・・・・・・・・・

 

お父さんとお母さんは、ファンをみても

なにも ききません。みているだけで いいのです。

お母さんは いいます。もう、いちにんまえね。

すると、お父さんは こたえます。そうだね。 

| 13:02 | スペイン語の本 Libros españoles | comments(0) | trackbacks(0) |









 
この記事のトラックバックURL

http://colorin15.jugem.jp/trackback/131