スペイン語の絵本(ラテンアメリカやスペインの絵本)と日本語の絵本についてと、日常のあれこれをつづります。
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
おおかみのローラ −スペインの絵本ー
おおかみのローラ

■ 原書の情報

タイトル:おおかみのローラ (LOLA LA LOBA) 

文: アルムデナ・タボアーダ(Almudena Taboada            

絵:ウリス ヴェンゼル(Ulises Wensell

出版社:SM

発行年:208

 

■ あらすじ

オオカミのローラは、ミントキャンディーが好きな森の人気者。ローラは歩くことができません。けれど、いつもみんなをお話で笑わせてくれます。森のみんなは、ローラが動けるように車いすをつくります。森にキケンがおしよせれば、みんなでローラをたすけにいきます。ローラのおかげで、森の動物たちに笑顔がもどるのです。個性を尊重し、共存そしてインクルージョンの大切さを描いた作品。ハンディキャップのある者へ、まわりが自然に手をさしのべる社会をテーマにした絵本。

 

   読書推進団体SOL掲載の紹介文

SM社  「わたしたちは、みんな ちがう」 シリーズ

つばめのソフィアは、色をみることができません。けれど想像力をはたらかせ、友だちみんなが助けてくれるおかげで、「みんな ちがう」 人生を楽しんでいます。スペイン人作家アルムデナ・タボアダのシリーズを読むと、子どもたちは自分がオンリーワンの存在であること、そして いろんな人といっしょに生きる大切さに気づくでしょう。

 

   作家について

アルムデナ・タボアーダAlmudena Taboada

1962年、スペインのマドリード生まれ。児童文学を学び、作家であり教師でもある。幼い頃から、父親の故郷ガリシア地方の伝説や慣習に魅了されてきた。SM社の「わたしたちは、みんなちがう」シリーズの絵本8作品を手掛けている。

 

   画家について

ウリス ヴェンゼル(Ulises Wensell

1945年、マドリード生まれ。スペインを代表するイラストレーター。国内外で評価が高く、ドイツ、フランス、日本でも絵本が出版されている。

   受賞歴

1978年 『Don Blanquisucio』 スペイン国民イラスト賞

1979年 『Cuando sea mayor seré marino』 ラサリーリョ賞

1985年 Owl Prize 日本(人気投票による賞)

1988年 ボローニャ選定

1993年 マドリード・イラストレーター協会賞

2006年 『Platero y Juan Ramón CCEIイラストレーション最終ノミネート

2009年 国際アンデルセン賞オナーリスト

2009年 アストリッド・リンドグレーン賞ノミネート

 

邦訳作品

1983年『あき』 作:ウリス ヴェンゼル、ホセ・マリア・パラモン(フレーベル館)

1985年『つきよのぱくぱくくん』文:わたりむつこ 絵:ウリス ヴェンゼル(学研)

1987年『ひとりぼっちのおじさん』文:リンドグレーン 絵:ウリス ヴェンゼル(文化出版局)

1989年『もしもぼくがことりだったら』文:G・ローランサン 絵:ウリス ヴェンゼル(文化出版局)

1990年『プール―とセバスティアン』文:ルネ・エスキュディエ 絵:ウリス ヴェンゼル(セーラー出版)

2000年『だれか、あそんでくれないかな』文:ウルセル シェフラー 絵:ウリス ヴェンゼル (評論社)

2000年『こわくなんかないよ、モーリッツ 』文:パロマ ヴェンゼル絵: ウルセル シェフラ (評論社)

 

    おはなしのいちぶ

オオカミのローラは、みどりが ゆたかな山でくらしています。

山の木からは、あまいカンゾウの草のにおいがします。

ローラのすきなたべものは、ミントキャンディー。

それから、いろんなおはなしで、みんなを わらわせることも すき。

だから、森のどうぶつたちは、ローラと いっしょに いるのが だいすきです。

 

ローラは、あるくことができません。

あらしの日、木のえだが せなかにおちて おおけがをしたのです。

おいしゃさんウサギの ミゲロンは、ミントのぬりぐすりと

レモンの バンドエイドで、きずを なおしてくれました。

けれど しばらくして、ミゲロンは かなしそうに、

目をうるませながら いいました。

「ローラは、もう にどと、あるくことはできないだろう」 

 

 

 

・・・・・


山かじです!

あっというまに、ほのおが おしよせてきました。ドラゴンが 火をふくような いきおいです。

まっくろな くうきで、いきが くるしくて たまりません。
「はやく、いそいで!」 フランが、さけびました。
「川にいくんだ!」 ネズミのアントンが、みんなに よびかけます。
「みんな、だいじょうぶよ!」 カエルのファナが、こえをかけました。
「たいへん!ローラを、たすけなくちゃ!」 みんな、ローラのことが  しんぱいで たまりません

  

| 14:16 | スペイン語の本 Libros españoles | comments(0) | trackbacks(0) |









 
この記事のトラックバックURL

http://colorin15.jugem.jp/trackback/125