スペイン語の絵本(ラテンアメリカやスペインの絵本)と日本語の絵本についてと、日常のあれこれをつづります。
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
つばめのソフィア ―スペインの絵本ー

つばめのソフィア

■ 原書の情報

タイトル:つばめのソフィア (SOFÍA, LA GOLONDRINA) 

文: アルムデナ・タボアーダ(Almudena Taboada            

絵:アナ・ロペス・エスクリバ(Ana López Escrivá

出版社:SM

発行年:2006年

 

■ あらすじ

つばめのソフィアは目がみえないけれど、ひとりでできることがたくさんあります。おかあさんツバメに教えてもらい歌をうたったり、時間を知ることも、空を飛んでいくこともできるのです。フクロウ先生は、音と匂いの先生です。「みどりは くさのあじ、それから ミントグミのあじがします」。「きいろは こむぎのあじ、それから レモンキャンディーのあじです」。目でみえるものは一部にすぎない。時間をかけて五感をフルに使えば、限りない可能性がある…。

 

   読書推進団体SOL掲載の紹介文

SM社  「わたしたちは、みんな ちがう」 シリーズ

つばめのソフィアは、色をみることができません。けれど想像力をはたらかせ、友だちみんなが助けてくれるおかげで、「みんな ちがう」 人生を楽しんでいます。スペイン人作家アルムデナ・タボアダのシリーズを読むと、子どもたちは自分がオンリーワンの存在であること、そして いろんな人といっしょに生きる大切さに気づくでしょう。

 

   作家について

アルムデナ・タボアーダAlmudena Taboada

1962年、スペインのマドリード生まれ。児童文学を学び、作家であり教師でもある。幼い頃から、父親の故郷ガリシア地方の伝説や慣習に魅了されてきた。SM社の「わたしたちは、みんなちがう」シリーズの絵本8作品を手掛けている。

 

   画家について

『つばめのソフィア』 のイラスト担当

アナ・ロペス・エスクリバ(Ana López Escrivá)

1967年、マドリード生まれ。両親が画家であったため、家で絵を学ぶ。1986年、『4つのことば(Cuantro palabaras)』 を出版後、児童書のイラストだけでなく、雑誌やその他書籍の挿絵も手掛ける等、画家として幅広く活動している。

 

受賞歴

1989年 スペインで歴史ある児童文学賞 ラサリーリョ賞(Premio Lazarillo)特別賞

1992年 『ミックのかぞく』 デスティノ社主催の絵本作家発掘のための賞 アペル・メストル賞受賞

1999年 『ネズミちゃんとゾウ』 イラスト部門でCCEI賞受賞

 


    おはなしのいちぶ

ソフィアは、キャラメルいろの ひとみに、

ふわふわクリームのような

しろいはねの つばめです。


 

ソフィアは、ヒイラギの木のえだに すんでいます。

いつも、カイコのよう虫を たべたり、

村のこどもたちと かくれんぼをして あそびます。


 

ソフィアは、しめった 土のにおいが だいすき。

もちろん ママのキスや、ふくろうのブライレトせんせいが

おしえてくれる うたもすき!

「ドゥーラ、ドゥリータ、ドゥリータ、ダー!」 ことりが、うたいます。

「イェーアア、イェーアア、イェーアア、ヤー」 ソフィアが、こたえます。


 

ふくろうのブライレトは、おと と においの せんせいです。

ソフィアは、めが みえません。


 

・・・・・・・・・・・・・・・ 
| 09:26 | スペイン語の本 Libros españoles | comments(2) | trackbacks(0) |
多くの人が簡単にできることが、ふーみんにはとってもむつかしかったり、まったくできなかったり、、、。

まわりの方々からも、
「できるようにならなくっちゃ、生きていけないよ…」
と、よく言われます。

でも、まわりの方とはちがうやり方で、
生きていることをよろこんだり、楽しんだりしながら、一生懸命、生きています。
まわりの方々も、ほんとに困ったときにはたすけてくださいます。

*********

ある障害者の施設では、「肯定」することをとてもたいせつにしている、、、と、聞きました。
「みんなちがうのが当たり前だ」とも聞きました。

そのようなことを、楽しく、やさしく、感じられそうな絵本ですね…(#^.^#)
| ふーみん | 2015/09/24 01:13 |
すてきなコメントを、ふーみんさん、ありがとう。

絵本えらびの時に、「みんなちがっていいんだ」というテーマのものに、私はすごく魅かれます。ラテンアメリカという国が人種のるつぼで、互いに違いを認め合いながら共存している社会だからかもしれないですね。

そして、それは人種や国に限らず、いろんなバリアーが取り除かれた社会で、自由な発想で生きていける場所をそれぞれ探すことができたら、きっとすごく幸せなんだと思います。

ある意味で夢のようなことかもしれないけれど、そんな夢を絵本に求めて探しつづけているのかもしれないなと、ふーみんさんのコメントを読んで思いました。

どうもありがとう!!
| そらまる | 2015/09/24 21:33 |









 
この記事のトラックバックURL

http://colorin15.jugem.jp/trackback/124