スペイン語の絵本(ラテンアメリカやスペインの絵本)と日本語の絵本についてと、日常のあれこれをつづります。
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
アール・ブリュット展に行ってきました。
アール・ブリュット展
アール・ブリュット展に行ってきました。
 
展示会会場は、中野マンガ・アートコート。旧桃丘小学校だったところです。


アール・ブリュットは、「加工されていない生(き)の芸術」という意味なのだそう。


つまり、正規の美術教育を受けていない人々が、独自の発想で制作した作品の数々。


アールブリュット


それはもうダイヤモンドの原石のような作品の数々。強烈な印象となって心に焼きつきます。


だれかに見てもらおうとか、認められたいといった欲ではなく、

描くと安心する といったコメントも。

街で目に留まる看板や目にする工程を自作のノートに記録して、

いっぱいになるとセロテープで止めて封印するのだそうです。

これでおしまい、という意味だそう。


 


中野のサンモール商店街が、空中ギャラリーに。

中野ブロードウェイには、階段ギャラリーになっていて、作品ポスターなどが展示されています。




興味のある方はぜひ。



生きるエネルギーが感じられます。



| 23:15 | 日々のあれこれ | comments(2) | trackbacks(0) |
おおっ!
これが、あの「アール・ブリュット」!!!

実はふーみん、ある美術家の方のお話を聞きに行ったときに、
「アール・ブリュット」を勧められたばっかしなんです。
もちろん、ふーみんも美術教育は受けていませんし、、、。

貴重な情報をどうもありがとう!!!
行ってみますね♪
| ふーみん | 2015/03/01 00:21 |
よかった!

ふーみんさんの世界が広がるといいな。

ステキな出会いがありますように。
| そらまる | 2015/03/01 22:39 |









 
この記事のトラックバックURL

http://colorin15.jugem.jp/trackback/111