スペイン語の絵本(ラテンアメリカやスペインの絵本)と日本語の絵本についてと、日常のあれこれをつづります。
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
『南米の料理と文化と絵本。おいしいラテンアメリカ』

soup stock tokyo

 

 

絵本で語らう、おいしいラテンアメリカ。

絵本『まぼろしのおはなし』を手がかりに、ラテンアメリカについて、さぐっていきます。当日はラテンアメリカのレシピや物語にインスパイアされた特別なメニューが用意されています。


【おいしい教室 開催概要】 
■実施日程:2017年3月6日(月) 、7日(火)両日ともに19:30-21:30
■参加費:6,000円  (飲み物と料理、絵本「まぼろしのおはなし」1冊が含まれています。)
■定員: 10名
■場所: also Soup Stock Tokyo (オルソ スープストックトーキョー)
東京都目黒区自由が丘1-26-13 POOL  
■持ち物: なし

 

ラテンアメリカの料理を、お酒や絵本、音楽と一緒に堪能します。ご興味のある方は、こちらからどうぞ〜。

http://oishii20170307.peatix.com

 

 

| 21:41 | 日々のあれこれ | comments(0) | trackbacks(0) |
雑誌 『詩と思想』10月号で、「ペルーの日系詩人ホセ・ワタナベの詩」を執筆しました。

詩と思想10月号

 

詩と思想 ホセ・ワタナベ詩と思想 ホセ・ワタナベ

 

 

詩の雑誌『詩と思想』10月号で、「ペルーの日系詩人ホセ・ワタナベの詩」を執筆しました。どこかでお手にとる機会がありましたら、どうぞよろしくお願いいたします。😊

 

Escribí el artículo "Poesía de José Watanabe, poeta Nikkei peruano" en la revista mensual "Poesía y Pensamiento". Espero que se conocieran más sus obras en el Japón!

 

 

Me alegro de informarlo a la familia de José Watanabe, Tilsa Watanabe, Issa Watanabe, y agradezco mucho por enviar las fotos, Micaela Chirif y Maya Watanabe!! Muchas gracias!!

 

| 15:03 | 日々のあれこれ | comments(0) | trackbacks(0) |
2016年 夏の絵本展示会+フリーダ・カーロ

ボローニャ2016

ボローニャ国際絵本原画展

板橋美術館:http://www.itabashiartmuseum. jp/itabi-sp/

 

素敵な絵だと思ったのは、スペイン人の画家サンドラ・ナバーロ(Sandra Navarro)さんの絵、イタリア人の画家フィリップ・ジョルダーノ(Philip Giordano)さんの絵、日本人の画家たけうちちひろさんの作品などなど。ボローニャ・ラガッツィ賞、フィクション部門のWinnerはスイスの作品 “MON TOUT PETIT(ちいさないとしいきみへ)”

これは泣けます。http://www.lajoiedelire.ch/livre/mon-tout-petit/

 

 

世界の絵本展

世界の絵本展

http://www.city.itabashi. tokyo.jp/c_oshirase/077/077731 .html

 

ボローニャから届いたいろいろな国の絵本と「世界のともだち」シリーズ(偕成社刊)など、世界の子どもの暮らしを紹介する本が展示。『とびきりおかしないぬ』と『まぼろしのおはなし』も展示していただいています。

 

 

大人になってからの絵本

Cafe &Gallery Patina

http://cafepatina.wix.com/rabb it

 

「柔らかな絵本しか知らないなんてもったいない。ホッと和みたいような時だけのために、絵本がある訳ではない。人には感情がある。表と裏の顔があり、甘くまどろむような時があれば、スパイスが効いている時もある。そして、その時々の感情に寄り添ってくれる絵本がある」

 

板橋ボローニャこども絵本館の浅妻とも子さん選書の「大人になってからの絵本」がCafe & Gallery Patinaにて展示されています。『まぼろしのおはなし』も飾って頂いています^ ^

 

 

BIB2016

ブラティスラヴァ世界絵本原画展(BIB)

2016年7月9日-8月31日

http://www.city.saitama.jp/urawa-art-museum/index.html

 

うらわ美術館からスタート。BIB50周年を記念した日本の絵本50年史が原画と絵本で紹介されています。ミロコマチコさんのはじけるようなレモン色の画、樋勝朋巳さんの『今日はマラカスのひ』に登場するクネクネさんのタイツ姿のシュールでキュートな原画、松本大洋さんの『かないくん』の絵の儚さ・・・などなど一見の価値ありです^ ^

 

 

フリーダ・カーロのドキュメンタリー映画と個展

 

フリーダ

ドキュメンタリー映画「フリーダカーロの遺品 石内都 織るように」8/13-8/26(金)まで、渋谷アップリンクにて。

小谷監督の映像に圧巻。http://www.uplink.co.jp/movie/ 2016/44599

 

 

frida

資生堂ギャラリーにて「石内都展 Frida isも開催中。・・・

こちらは2016年6月28日(火)―8月21日(日)まで。http://www.shiseidogroup.jp/ga llery/

 

| 01:35 | 日々のあれこれ | comments(0) | trackbacks(0) |
【えほんのがっこう読み聞かせ会】のお知らせ

よみきかせ

 

【スペイン、ペルー、メキシコの絵本の読み聞かせ会】

 

7月16日(土) 15:00から、[えほんのがっこう]さんで、スペイン、メキシコ、ペルーの絵本を読み聞かせをしていただくことになりました。

 

「えほんのがっこう」さんは絵本専門のリサイクルショップなのですが、センスのよい絵本がたくさん置いてあります。

英語やスペイン語、ロシア語の洋書などもちらほら。思わぬ掘り出しものが見つかる素敵なお店です。

 

絵本1

店内は落ち着いた雰囲気でとても癒されます。

 

 

絵本3

洋書がちらほらと。タイ語の『ぐりとぐら』がありました!!

 

最近、私が購入したのは『ふたりは きょうも』の英語版。

日本語訳の絵本と比べてみたところ、すごく素敵な日本語の訳だと改めて分かり勉強になりました。

 

 

『K・スギャーマ博士の動物図鑑』

架空の動物たちにほれぼれします。想像のチカラの賜物です。

 

 

 

「えほんのがっこう」には、ほかにもいろんなイベントが企画されているようです。

お時間のある方は、ぜひぜひ♪

 

「えほんのがっこう」絵本専門のリサイクルショップ
東京都練馬区関町北4-2-15五十鈴ビル2階
西武新宿線「武蔵関」駅北口徒歩2分
TEL03-5903-8556
E-mail:ehonnogakkou@gmail.com
11:00〜18:00(定休:水、第2・第4土曜)
http://ehonnogakkou.sakura.ne.jp/hp/

 

 

 

 

| 22:45 | 日々のあれこれ | comments(0) | trackbacks(0) |
ムヒカ前ウルグアイ大統領の講演会に行ってきました!
ムヒカ大統領

今日はあいにくの雨でしたが、以下の本で翻訳協力をさせていただいた
ムヒカ前ウルグアイ大統領の講演会が開催されました。ありがたいお話を聞きに、私も行ってきました!



世界でいちばん貧しい大統領からきみへ世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ


講演会
 

明日はテレビの特番、それ以外にもサイン会等いろいろあるようですよ。
詳しくはこちらから〜(^^)
http://www.choubunsha.com/special/president/#book01

 
TV番組は明日の予定です。

4/8(
金) 19:00〜20:54 
テレビ特番(フジテレビ系列)
"世界でいちばん貧しい大統領"ムヒカ来日緊急特番〜日本人は本当に幸せですか?


 
講演会で心に響いた言葉をちょっとだけまとめてみました。

 
―美しく生きるために戦ってください。―
 

それぞれの人生の中で立ち止まって鏡をみる瞬間があるでしょう。市場に振り回され、物を買うことに追われていると、自由が失われていくのです。

エゴにブレーキをかけてください。自分自身に向き合ってください。人は1人では生きていけない。生まれてきた奇跡に感謝して、人生を愛し、家族そして子どもを愛して向き合う時間を持つ自由を大切にしてください。愛のために生きてください。

世界を変えるのは難しいかもしれない。でも、何かを残すことはできる。人生は勝利するために生きるのではなく、人生で大切なのは「歩むこと」、つまずいて何度転んでも立ち上がり、また歩みはじめること。自分の道を歩むことを恐れず、強い心を持ってください。

希望のある人生を!!


やっぱり泣いてしまいました😭


人生は一度きり、明日からまた頑張りましょう!!
 
 
| 22:06 | 日々のあれこれ | comments(2) | trackbacks(0) |
イベント「世界の絵本を楽しもう!」で、『まぼろしのおはなし』のよみきかせをしていただきました。

宇都宮市国際交流協会主催のイベント『世界の絵本を楽しもう!』11月29日に開催されました。シリア、イタリア、コスタリカなどの世界の絵本を、その国のネイティブの方が母国語で、そして日本語とで読み聞かせするイベントでした。そして今回、コスタリカアーティストの絵本『まぼろしのおはなし』をご紹介いただきました。


当日、お伺いはできなかったのですが、こうして素敵な写真をお送りいただきました。コスタリカの方の衣装が国旗色になっていて、とても美しいですね。

まぼろしのおはなし

 

関係者のTさんから「流れるようなスペイン語の響きはとてもきれいでした」というご感想をいただきました。約100人の参加者が異文化に触れ、楽しいひとときを過ごしたとのこと、『まぼろしのおはなし』を日本で紹介できて、本当によかったなあと思える出来事でした。

 

 

| 19:55 | 日々のあれこれ | comments(0) | trackbacks(0) |
ペルー大使館主催、現代詩人ホセ・ワタナベとその作品 のイベントのお知らせ
ホセワタナベ講演会


とびきりおかしないぬ

ペルーの絵本『とびきりおかしないぬ』の作者であるホセ・ワタナベ氏の講演会が、ペルー大使館で開催されます。

日時:12月8日(火)19時〜20時30分
ペルー大使館アマドール・パントッハ(Amador Pantoja)書記官による、スペイン語での講演です。
どなたでも参加できます。ご興味のある方は、embtokyo@embperujapan.org まで、メールでお知らせください。

私も行きまーす!楽しみ(^^)


 
| 21:01 | 日々のあれこれ | comments(0) | trackbacks(0) |
ペルーの児童書事情のご紹介
  

宣伝です。

「国際子ども図書館の窓」15号で、ペルーの児童書事情について紹介しています。



どうぞよろしくお願いいたします。
| 13:15 | 日々のあれこれ | comments(0) | trackbacks(0) |
大アマゾン展に行ってきました。

 

アマゾン展へ行ってまいりました!!

 

上野の国立科学博物館で614日(日)までやっております。

アマゾンのお話に出てくる動物たちが等身大で見れますよ!

 

公式ガイドブックは写真が盛りだくさん。
 

フサオマキザル かしこくていたずら好きなサルは、アマゾンのお話によく登場します。

パカラナ 結構大きくてびっくり。本種のみでパカラナ科を構成し、カピバラの仲間ではないそうです。
 
オオアリクイ  
オシャレなアリクイとジャガーのおはなしを読んだことがあります。
昔、アリクイはヒョウ柄の素敵な毛皮をしていたのですが…という楽しいおはなし。
 
ナマケモ 実は泳ぎがうまいんですね〜。今回の展示会で、ナマケモノがアマゾン川を泳ぐ貴重映像を見ました。
 

アルマジロ ボールのように まんまるになってしまうんですね。



ジャガー おおー!感動です!アマゾンの権力と高貴のシンボル

メガネグマ 名前の由来は、白い模様がメガネをかけているみたいだからなんですって。

コンゴウインコ 色鮮やかで美しい。

オオハシ オオハシが、川の水を飲まないのは なぜ?…というアマゾンのおはなしがあります。
 
クロコンドル かっこいいですね。コンドルが死んだ動物の肉しか食べないのは…
という昔話もあります。
 

アナコンダ 5メートル!!

アマゾンカワイルカ ピンクイルカとしても知られていますね。
 
モルフォチョウ ラテンアメリカといえば、メタリックブルーのモルフォチョウが有名です。
 
シクリン族の酋長の頭飾り コンゴウインコの羽にオオギワシの黒褐色の羽根
 
先住民の装飾品  素材は動物の骨や木の実など

 
いつか…行ってみたいです。アマゾン。
| 22:29 | 日々のあれこれ | comments(2) | trackbacks(0) |
ペルーの児童書事情について
  ペルー


国際子ども図書館さんのお仕事で、1年かけてペルーの児童書調査をしました。


長距離マラソンのような仕事でしたが、ようやくカタチになってほっとしています。

 

ペルーのブックリスト

http://www.kodomo.go.jp/info/foreign/pdf/booklist_peru.pdf

ペルーのブックリスト等に係る報告書

http://www.kodomo.go.jp/info/foreign/pdf/report_peru.pdf

 

報告書にも書きましたが、ペルーに暮らす日系人は 約 8 万人以上と言われています。また、法務省「在留外国人統計(2014 6 月末)」では、日本に在留するペルー人の数は48,263人となっています。


多文化共生と言われる今、 在日外国人児童を対象にした読書支援、読書環境の充実は益々求められるでしょう。

 

今回のブックリストが、在日外国人児童の子どもたちの支援に少しでも役立ってくれたらと…願っています。

 

 

| 21:29 | 日々のあれこれ | comments(0) | trackbacks(0) |